カラオケ上達実践バイブル

あなたにとっての「この一曲」を作ってみよう

メルマガでもよく書いているとおり、カラオケ大会に頻繁に出場するナツミ。

 

もちろん、入賞するときもそうでないときもあって一喜一憂するのですが、

 

実は、自分が出て歌うことだけがカラオケ大会の楽しみ方じゃないのです。

 

 

ナツミの楽しみのひとつは、他の出場者の歌をじっくり聴くこと。

 

聴きながら「この人いいっ」と思ったり、「あ〜外したな」とか思ったり(笑)。

 

ちょっとした審査員気分で、人の歌を聴くのもまた楽しいものです。

 

 

人の歌の良いところ・悪いところに気がつくということは、

 

それだけ音楽に対して自分の耳が肥えてきている証拠。

 

そういう意味では、自分の音感を鍛えるいいチャンスなのです。

 

みなさんも、カラオケ大会に限らず、普段のカラオケ仲間の歌をじっくり聴いてみて、

 

頭の中で論評してみてくださいね♪

 

 

あ、論評結果はあまり相手に伝えないほうがいいですよっ。

 

友人関係に変なヒビが入っても困りますので・・・(笑)。

 

 

さてさて、本題に戻りますと、

 

カラオケ大会に何度も出ていると、出場者の顔ぶれを覚えてくるようになります。

 

「あ〜、この人この前惜しかった人だな〜」とか

 

「あ、前回の優勝者だっ、さすが上手いな〜」とか。

 

 

で、最近ナツミが気がついたある法則なのですが、、

 

上手な人、上手な常連さんほど、、毎回同じ曲で出場しているのです。

 

それも、同じ曲を何年も歌い続けているという方もかなりいらっしゃいます。

 

さすがにそういう方は、すでに歌が自分の一部になっているため、

 

歌唱はもちろん、表情や仕草もまた自然にマッチしたステージに仕上がっています。

 

 

そう、上手な人ほど、ひとつの歌をとことんまで極める。

 

 

何も、世の中のあらゆる全ての歌を上手に歌える必要はないのです。

 

ある一曲、あなたがこれだと思ったある一曲。

 

その一曲だけは、カラオケでは誰にも負けないという得意曲。

 

そういう曲を一曲作るだけで、「上手な歌い手」だと見なされるようになるのです。

 

 

ね、たった一曲を練習すればよいと言われれば簡単でしょう?

 

 

・・・ところが、人の心は移ろいやすいもの。

 

やっぱり、カラオケに行くといろんな曲、歌ってしまいますよね?

 

 

もちろん、気分転換がてら楽しく歌う分には問題ないでしょう。

 

でも、上達を目指して「あれも」「これも」と練習しすぎるよりも、

 

あなたが「いざ」という時に聴かせられる一曲さえあれば、

 

それだけであなたにとっての立派な「一芸」になるのです。

 

突然のカラオケコンパ、突然の結婚式の余興、そんなときでも困りませんよね?

 

 

さてさて、ではそのたった一曲。

 

どのレベルまで練習すればよいのでしょう?

 

 

それはですね。。

 

まず、「歌詞」「メロディ」が完璧に暗誦できるようになるまで。

 

これが第一段階。

 

 

歌詞が自然に口から出てくる状態。

 

メロディはキーボードで正確に演奏できる状態。

 

・・・この地点ではじめて、完璧に「正確に」歌える状態と言えますね。

 

 

そして第二段階は、「発声の強弱」「ビブラートの有無」を計算して歌える段階。

 

中級者くらいの方に多いのは、ところかまわずビブラートを入れたがる歌い方。

 

 

ビブラートというのは言わば、料理で言うところの調味料。

 

使いすぎは禁物で、タイミングを間違うと期待通りの味が出なくなってしまいます。。

 

なので、歌の構成を分解し「計算的に」入れられるようになることが大事なのです。

 

 

そして第三段階は、第二段階を「無意識に」できるレベルです。

 

「計算的に」入れていた部分を「無意識に」昇華します。

 

ここまで来れば、ほぼその歌をマスターしたと言ってもよいでしょう。

 

 

・・・あれ、先ほどナツミは、たった一曲のマスターなんて簡単だって書きましたが、

 

結構大変そうですね(笑)。

 

 

いやいや、練習すること自体はいたってシンプル。

 

問題は、「それだけ根気が続くか・・・」というところにあるのです。

 

ひとつの歌だけをじっくり練習する、けっこう根気のいる作業かもしれません。

 

 

実はこのあたり、「ひとつの歌をじっくりマスターする方法」について、

 

今、ナツミは頭の中でじっくり地図を書いているところなのです。

 

 

根気よく楽しく、そして効果的に練習が続く方法、それを考え続けています。

カラオケ上達実践バイブル