カラオケ上達実践バイブル

低音部分をきれいに響かせて歌う

実は、読者さまからの質問メールの中で、

 

「どうすれば高音をきれいに歌うことができますか?」など

 

高音を歌うためのコツについてのものが比較的多いのです。

 

 

ここ最近は、高音を魅力とするアーティストが多いため、

 

やはりカラオケでも、同じような高音で歌いたいという方が多いようです。

 

 

それに比べて低音に関しては、高音のようにサビに含まれることがあまりないので、

 

インパクトが少ない分、あまり発声方法を意識される方は少ないようです。

 

 

でも実は、、高音よりもむしろ低音を出す練習のほうが難しいんですよっ。

 

高音をきれいに発声するコツについては、過去に何回かメルマガで取り上げましたので、

 

今日はカラオケで低音部分をいかに仕上げるか、についてお話しますねっ。

 

 

多くのみなさまは経験があると思いますが、

 

高音部を一生懸命に歌おうとすると、それに比例して声も大きくなりませんか?

 

逆に、低音部を歌うときは、声が小さくなったりしませんか?

 

 

まず高音部に関してですが、実は声を大きくしないほうがスムーズに出せるのです。

 

ちなみに「高音」=「大声で張り上げて出すもの」という関係は間違いですよっ。

 

これはよくある誤解で、実際は力を抜いて発声したほうが高音を出しやすいのです。

 

 

でも、、低音に関しては逆で、声が小さくなってしまうのはやむを得ないものなのです。

 

 

この間、ナツミは寺尾聰さんの「ルビーの指環」を歌っていたのですが、

 

この曲、かな〜りキーが低く、低音の響きの渋さをウリとしています。

 

特にサビ前の「俺に返すつもりなら捨ててくれ」の部分、

 

ナツミにはあまりにも低すぎて、この部分の自分の歌声が潰れてしまいました。。

 

 

さてさて、この低音部を歌いこなすためにどうしようか、といろいろ考えながら、

 

「ルビーの指環」を何回か繰り返し歌っていました。

 

 

そこでついに悟りました、ナツミ。

 

「低音部分の声が小さくなってしまうのは、、仕方ないっ」という諦め。

 

 

・・・いや、諦めじゃなく「現実の直視」です(笑)。

 

 

さてさて、この現実を受け入れた上でどのように「ルビーの指環」を歌うべきか。

 

 

発想の転換です。

 

声が小さくなってしまうのであれば、マイクをより口に近づければよいのです。

 

 

そもそもマイクとは「拡声器」なので、

 

マイクと口との距離をコントロールすることで、歌声の音量を自由に操れるわけです。

 

 

・・・当たり前のことだと思ったでしょう?(笑)

 

でも、、実際のカラオケでこのテクニックを利用している人は少ないですよ。

 

歌っているとき、たいていの方はマイクの位置をあまり気にすることなく、

 

一曲を通して口とマイクとの距離がずっと一定、ということが多いものです。

 

 

以前、細川たかしさんの歌唱をテレビで見たときに驚いたのですが、

 

そのとき細川さん、マイクをものすごい勢いで動かしながら歌っていたのです。

 

さすが、自分の発声量に合ったマイクの位置を把握しているからこそのワザですね。

 

 

どうでしょう。

 

もちろん、プロ並みに声量とマイクの位置関係を研究する必要はありませんが、

 

歌っている箇所の自分の声量に合わせて、マイクを離したり近づけたり、

 

それを意識するだけでも、ぐっと安定した雰囲気に歌が仕上がりますよ。

 

 

特に低音部分を歌うときは、普段のマイク位置だと声が篭ってしまいますので、

 

「低音部分を歌うときはマイクを口に近づける」を意識してみてくださいねっ。

カラオケ上達実践バイブル