カラオケ上達実践バイブル

歌で異性ゴコロを理解する方法

さてさて、今日のテーマにまいりましょうね。

 

歌で異性の心を知る方法です♪

 

・・・そんな方法あるのか〜って感じですよね(笑)。

 

 

昔から、男性にとっての女性、女性にとっての男性はミステリアスな存在。

 

だからこそ、歌の歌詞にも男女の気持ちの絡みをテーマにしたものが多いのです。

 

 

ということは。

 

歌の歌詞には異性に対する数々の「想い」を謎解くカギが隠されているのでは?

 

・・・と考えるのが、カラオケ好きな私たちの素直なアプローチですね(笑)。

 

 

ではでは、具体的にどうすればよいのでしょう?

 

それはズバリ、異性の気持ちになって歌ってみれば良いのです。

 

つまり、異性が主人公の歌詞の歌をカラオケで歌ってみるのです。

 

 

というわけで、異性を主人公とした歌詞の歌をナツミが探してみました〜。

 

 

★男性が歌う、女性が主人公の歌詞の曲

 

 ●メモリーグラス/堀江淳
 ●わかって下さい/因幡晃
 ●東京/やしきたかじん
 ●ホテル/島津ゆたか
 ●巡恋歌/長渕剛
 ●氷雨/佳山明生
 ●万里の河/CHAGE&ASKA
 ●サウダージ/ポルノグラフィティ
 ●海雪/ジェロ
 ●六本木〜GIROPPON〜/鼠先輩

 

 

ざっとピックアップしただけでも、これだけ出てきました。

 

曲の流行時代にバラツキはありますが、どの曲もヒット曲ばかりですので、

 

他にも探せばもっと、女性の心理描写の秀逸な名歌詞・名曲があるでしょうね。

 

 

男性の方は、これらの曲で描かれている女性の気持ちを汲み取った上で、

 

主人公の女性に成り代わったつもりで歌ってみると、、

 

女心をますます理解できるようになるかもしれませんねっ。

 

 

では同じように、女性が歌う、男性が主人公の歌詞の曲も紹介していきましょう〜。

 

 

★女性が歌う、男性が主人公の歌詞の曲

 

 

 

 

・・・あれ。

 

・・・出てこない。。

 

 

 

え〜っと、ナツミは一応、古今東西の日本の名曲1000曲以上のレパがあるのですが、

 

そのナツミなのに、該当曲が全く浮かんできません。。

 

 

うそ〜、それって、ナツミが知らないだけ?

 

いや、ホントに実は意外にも、女性が歌う男性が主人公の曲って希少なのっ?

 

 

さすがに全く出てこないのは、カラオケメルマガの著者として悔しいので、

 

記憶の糸を手繰り寄せて、なんとか一曲だけ浮かんできました。

 

 

 ●夏祭り/JITTERIN'JINN

 

 

うん、今の季節にピッタリの一曲♪

 

主人公は中学生くらいの男の子かな〜と。

 

夏休みの夜のお祭りをクラスメイトの女の子と歩く甘酸っぱい情景を描いた曲です。

 

後にカバーして、ヒットしたWhiteberry版のほうが有名かもしれませんね。

 

あ、ちなみにこの曲、ナツミが生まれて初めて買ったシングルCDなのです♪

 

 

ところで、他にはどんな曲があるかというと。。

 

・・・やっぱり少ないんですよね、男心を歌う女性の曲って。

 

特にナツメロに至っては、ナツミの知る限りは全く見当たらない。。

 

う〜ん、女性が男性の「弱さ」を表現する時代ではなかったということなのかも。

 

 

もし、「女性が歌う、男性が主人公の歌詞の曲」をご存知の方がいましたら、

 

「こういう曲があるよ〜」と、ぜひぜひナツミに教えてくださいませ。

 

↓あて先は以下までお願いします♪

 

info@enjoysing.com

 

 

さて、本題に戻りますっ。

 

では、女性が男性の心を理解するための選曲はというと、、

 

これはもう、いっそのこと男性の歌う曲をチョイスしてみるのが良いでしょう。

 

 

●私鉄沿線/野口五郎
●勝手にしやがれ/沢田研二
●最後の雨/中西保志
●言えないよ/郷ひろみ
●月/桑田佳祐
●Missing/久保田利伸
●いいわけ/シャ乱Q
●恋人/鈴木雅之

 

とまあ、ナツミの好きな「男心」曲をピックアップしてみました。

 

 

異性曲を歌うことで、自分とは違った立場を「演じる」ことができるため、

 

慣れてくると歌唱表現の幅がぐ〜んと広がる効果が期待できます。

 

女心のわかる男性歌唱、男心のわかる女性歌唱、ステキですよねっ。

 

なおかつ、あなた自身も「異性の心のわかるステキな人」になれるかもっ。

 

異性が主人公の曲、ぜひぜひあなたも挑戦して歌ってみてくださいね〜。

カラオケ上達実践バイブル