カラオケ上達実践バイブル

歌にアクセントを加えて注目度アップ

久しぶりに歌った曲なのですが、黒夢の「Like A ANGEL」。

 

録音した自分の歌を聴いて感じたのは、、疾走感が足りないっ。

 

最近は演歌やバラードを多く歌うようになったせいか、

 

こういったロック調の曲の場合のスピード感が欠けているな、と感じたのです。

 

 

もちろん、歌っているときはそれなりに乗って歌えていたつもりですが、

 

いざ自分の歌を聴いてみると、どことなく「流して」歌っているような、

 

言うならば、山も谷もない歌唱に仕上がっていたのです。

 

これではきっと、ナツミのこの歌を聴く人は退屈してしまうでしょうね。。

 

 

実は、この「流れる」ような歌唱、日本人独特に持つある特徴が原因なのです。

 

その特徴とは「日本語」。

 

 

日本語の発音や日本語による会話というのは、他の言語と比べて淡々としています。

 

英語と比べてみましょう。

 

学生時代、英和辞典で単語のアクセントの位置を覚えたりしませんでしたか?

 

英語には、単語レベルで「アクセント」が存在します。

 

 

たとえば、「カレンダー」という単語。

 

日本語では、「カ」「レ」「ン」「ダー」を同じ強さで読むと思います。

 

しかし英語では、「カ」の部分を最も強く発音して読みます。

 

「カ」を強く、「レンダー」の部分は力を抜いて一気に発音します。

 

 

このように、単語ひとつひとつにアクセントを持つ言語と持たない言語、

 

このことが実は、歌や音楽の特徴に大きな影響を与えているのです。

 

 

単語にアクセントを持つ言語の音楽の場合、歌にも自然とアクセントがつきます。

 

ヒップホップミュージックなど、まさにアクセントが命ですよね。

 

音楽においての「ビート感」は、アクセントを持つ言語のほうが有利なのです。

 

 

それに対し、日本語の場合は、アクセントの代わりに独特の「流れ」があります。

 

俳句の「五・七・五」調、短歌の「五・七・五・七・七」調など。

 

こうした流れるようなリズム、これが日本語の特徴なのです。

 

 

日本独特の音楽、演歌や民謡の歌詞を読めばわかると思いますが、

 

メロディがなくても歌詞を読むだけで、俳句・短歌調のリズムを感じますよね。

 

このように、音楽の源泉とは、その国の言語の特徴と繋がっているのです。

 

 

さてさて、カラオケのお話に戻りましょう。

 

日本語・英語に関係なくロック調の曲を歌う際には、疾走感を出したいですよね?

 

それでは、そのためのコツをご紹介します♪

 

 

それはズバリ、英語のように、アクセントを意識して歌うこと。

 

つまり、日本語の歌詞でも、単語の音節にアクセントをつけて歌えばよいのです。

 

 

で、そのアクセントをつける位置ですが、

 

わかりやすいたとえで言いますと、、手拍子の位置。

 

あなたがカラオケ仲間と歌いに行く際に、あなたの歌に手拍子を入れてもらうのです。

 

で、手をパチンと叩いた場所、その音をやや強く歌ってみてください。

 

その場所こそがまさに、音楽的なアクセントの位置なのです。

 

 

いかがでしょう?

 

アクセントを無意識に表現できない日本語での歌唱の場合、

 

音楽的なアクセント=手拍子の位置に合わせてアクセントを取ることで、

 

ポップス・ロックとしての音楽のメリハリを表現できるのです。

 

「手拍子アクセント歌唱法」、あなたもぜひぜひお試しくださいね。

 

 

あ、この「手拍子アクセント歌唱法」、演歌や歌謡曲のような、

 

「溜め」を大事にするような「語り歌唱」の楽曲には不向きです。

 

日本向きの楽曲は、日本語の持つ「流れ」を大事に歌ったほうが味が出るものです。

 

ポップス・ロックの歌い方、演歌・歌謡曲の歌い方、意識して使い分けてくださいね。

カラオケ上達実践バイブル