カラオケ上達実践バイブル

ん?・・・意外に難しい「ん」の音を歌うコツ

ではでは、今日のテーマにまいりましょう。

 

 

「ん」

 

 

です。

 

 

・・・発音できますか、「ん」。

 

 

もちろん普段の会話の中では何気なく使っていますよね、この音。

 

特に意識もせずに、「ん」を含む単語を織り交ぜて会話をしているはずです。

 

 

でもでも。

 

カラオケの歌詞の中にある「ん」という音、

 

これを歌うとき、あなたは普段どおりの「ん」で歌っていますか?

 

 

実はつい最近までのナツミ、この「ん」が歌えませんでした。。

 

特に「ん」が高音部にある場合、、

 

「ん」ではなく「う」という音になってしまっていました。

 

 

「ん」が「う」という音に変わると、言葉の意味も変わってしまいますよね。

 

「うどん」という単語なら、「うどう」になってしまいます。。

 

これでは言葉の意味が崩れてしまいますね。

 

 

そんな厄介な「ん」ですが、過去のナツミと同様に、

 

この「ん」を「う」と歌ってしまう方というのは、意外と多いのですよっ。

 

 

ではでは、なぜ「ん」が「う」になってしまうのでしょう?

 

 

それは、簡単な理由。

 

「ん」の音を、口を開けて歌うから。

 

 

日常会話で「ん」を含む言葉を発するとき、「ん」の部分は口を閉じていますよね?

 

これが正しい「ん」の音。

 

しかししかし、これが歌となると、不思議なことに口を開けた発声になりがちに。。

 

 

歌っている時というのは、日常会話の時以上に「息」を使うもの。

 

特に高音部分を歌うときなどで、息苦しい経験をされた方は多いと思いますが、

 

息苦しくなると、息を吸い込もうとして無意識に口が開きかけます。

 

そういう時に「ん」を歌うと、半開きの口になってしまい、

 

その結果、「う」のような発音になるのです。

 

 

これが、「ん」→「う」のメカニズム。

 

 

原因がわかれば、対策もいたってシンプル。

 

「『ん』を歌うときには、日常会話での『ん』のように必ず口を閉じて歌う」

 

これで、当面の問題点はクリアできます。

 

 

とは言え、、実はこれだけでは、まだまだ「ん」を歌いこなすには不十分。。

 

なぜなら「ん」の音は、口を開かないということもあって、音が小さいのです。

 

音が小さいと、出ているのかどうか不安になるのが人間心理というもので、

 

なんとかして大きな音で歌おう、という思いが生じて、

 

その結果、つい口がちょっぴり開いてしまう、ということがよくあるのです。

 

 

その結果、、やっぱり「ん」が「う」に・・・。

 

 

というわけで、「ん」の第二の攻略法をお話します♪

 

 

「ん」は口からではなく、鼻から抜けるように出る音。

 

なので、「ん」を大きく響かせるには、鼻から出る音を強調すればよいのです。

 

つまり、「ん」の音を歌うその一瞬だけマイクを鼻に近づけるのです。

 

 

口元にあるマイクをさっと、ちょっぴり上に持ち上げて歌ってみる、

 

これが、小さくなってしまう「ん」の音を、より大きく聴かせるための極意。

 

このように歌えば、他の音と同様に「ん」を自然に歌い上げることができるのです。

 

 

いかがでしょう?

 

あなたはカラオケで、「ん」の音の特別な仕組みを意識して歌っていましたか?

 

・・・まあ、普通はこういう理屈を考えながら歌わないものです(笑)。

 

 

でもでも、今回のメルマガで、「ん」の仕組みを理解された読者さんは、

 

きっと次回のカラオケから「ん」が飛躍的に変わるはずですよっ。

 

 

「ん」を歌うときは、、

 

●必ず口は閉じておく

 

●「ん」の瞬間にマイクをやや鼻に近づける

 

 

ぜひぜひ、次回のカラオケで試してみてください〜。

 

不思議と「ん」を歌うのが楽しくなるかもしれませんよっ。

カラオケ上達実践バイブル