カラオケ上達実践バイブル

キーを換えたモト歌でカラオケを練習する

ナツミはメルマガでよく、

 

「カラオケでは、モト歌の原曲キーにこだわる必要はないですよ」とお話しています。

 

とは言え、カラオケファンの中には、

 

「モト歌のアーティストと同じキーで歌わないと歌っている気がしない・・・」

 

という方もまたいらっしゃいます。

 

 

確かにイメージを忠実に表現するのであれば、同じキーのほうがしっくりきます。

 

ただ、はたしてあなたは、そのキーで「きちんと」歌えているでしょうか?

 

 

人によって、歌唱で表現できる「音域」は異なります。

 

一般には、地声で1オクターブ〜1オクターブ半と言われていますね。

 

ファルセット(裏声)を使えば、2オクターブくらい出せる方もいるかもしれません。

 

 

その点、プロとして発声訓練をしているボーカリストの場合は、

 

一般よりも音域が広く、特に最近は高音部の音域に強い方が多いですね。

 

最近のヒット曲の傾向がハイトーンを押し出すものが多いことから、

 

必然的に、高音部の発声訓練を重ねていく傾向にあるのでしょうね。

 

そのためプロは、一般の方ではスムーズに出せない高音を歌いこなせるわけです。

 

 

さてさて、それでもあなたは、同じキーで歌えている自信はあるでしょうか?

 

 

実は、ナツミも過去は「原曲キー主義者」でした。

 

「原曲キーで歌わなければ意味がない、自分は高音もバッチリ歌えている」

 

と、そう思っていました。

 

 

しばらくしてから、自分のカラオケを録音して聴くクセがついてきたのですが、

 

その録音した自分のいろいろな歌を聴くたびに、何度も衝撃を受けたのです。

 

 

「なんだこれは?」と。

 

 

・・・確かに高音、出ていました。

 

しかし、それはもはや歌声と言えなかったのです。

 

 

「金切り声」(笑)。

 

しかも「金切り声」の連続する箇所は、不安定な発声のため音程も崩壊していました。。

 

 

そう、歌っているときには、必死で高音を出そうとがんばっているがゆえに、

 

発声できた声の「質」を完全に見失っていたのです。。

 

つまり、「歌えた」のではなく単に「声が出た」というに過ぎないのに、

 

歌っている本人は得意げに「高音で歌えた」と勘違いしていたのです。。

 

 

当時ナツミは、「自分はアーティストと同じ高音で歌える♪」と胸を張っていました。

 

・・・あの「金切り声」歌唱で(笑)。

 

 

その頃からですね、自分の音域に合ったキーを意識するようになったのは。

 

とは言え、今度は新しい疑問が。

 

 

「では、自分の音域に合ったキーって一体どれなの・・・?」

 

 

たとえばある歌では、Aメロは音域が低いので原曲キーでも余裕を持って歌えます。

 

ところがサビになると音域が高くなるので、原曲キーだと苦しくなります。

 

 

では、サビを安定して歌うためにどのくらいキーを下げればよいのでしょう?

 

下げすぎると逆に、余裕を持って歌えていたAメロが歌いにくくなります。

 

 

いったい、どのくらいのキー変更が自分にぴったり合っているのだろう。。

 

と、曲全体を通して、どのキーが自分に合っているのかわからなくなったのです。

 

 

 

ある日、ふとナツミは閃きました。

 

「モト歌自体のキーを換えて、聴き比べたらわかるのでは?」と。

 

 

つまり、アーティストの歌声が入っている曲そのもののキーを換えて、

 

キーの換わったアーティスト曲を聴き、その歌声に合わせて自分も歌ってみる。

 

で、一番自分がしっくり歌えたキーが、自分に合った最適のキーということ。

 

 

と思い立って、パソコン上で音楽のキーを換えるプログラムを作ってみました。

 

そして、自分の歌いたい曲の原曲を、自作ソフトで次々とキー変換・・・。

 

 

その結果、、どんな曲でも自分に合ったキーで歌えるようになりました♪

 

高くて歌えなかった(金切り声になってしまった曲)はもちろんのこと、

 

低くて歌えなかった曲も、自分の音域に合った歌唱ができるようになったのです。

 

 

ナツミにとっては、キー調節の悩みをクリアできたことは、

 

カラオケをさらに上達していくための、非常に大きなきっかけとなったわけです。

 

キーに悩まなくなったので、そのぶん歌唱表現に集中できるようになれましたね。

 

 

さてさて、その音楽のキーを換えるプログラム。

 

プログラムのベースを作ったのは数年前なのですが、

 

誰でも簡単に使いこなせるようにと、最近作り直してみました。

 

 

そのナツミ作のキー変換ソフト。

 

「KeyTuner(キーチューナー)」という名前をつけました。

 

その「KeyTuner」の試供版を、メルマガ読者さんにご紹介いたします♪

 

http://enjoysing.com/keytuner.html

 

 

上のサイトに掲載しているソフトの画面を見れば、

 

パソコン操作を一通りできる方であれば、使い方のイメージがつくかと思います。

 

「KeyTuner」に興味がありましたら、ぜひダウンロードして使ってみてくださいね。

 

あ、Windowsソフトなので、Mac上ではお使いいただけませんのでご注意を。。

 

 

カラオケにおける「キー調節」の問題。

 

実際、多くのカラオケファンが抱えている悩みかと思います。

 

キーが合う合わないひとつで、歌のイメージが大きく損なわれてしまいますので。。

 

あなたもぜひ、自分の音域に合ったキーで、自分らしい歌唱をしてくださいね♪

カラオケ上達実践バイブル