カラオケ上達実践バイブル

音程の間違いにすぐに気がつく練習法

練習曲を覚える際の音程を確認する方法については、本にも詳しく書きましたが、

 

今回のメルマガでは、本とはまた別のお手軽な確認方法についてお話しします♪

 

 

・・・単にナツミが今日のカラオケで偶然発見しただけなのですが(笑)。

 

 

この方法を使えば、音程の正誤を「感覚」で味わうことができるのです。

 

さて、その方法はと言うと。。

 

 

まず、あなたの練習曲を歌ってみてください。

 

歌う場所は、とくにカラオケボックスでなくてもいいですよっ。

 

むしろ、今このメルマガを読んでいるあなたのお部屋などがぴったりです。

 

 

で、歌うときですが、ただ普通に歌うのではないのです。

 

口を閉ざして歌ってみてください。

 

 

「・・・口を閉ざして、、歌えるわけないじゃんっ」、と思ったそこのあなた。

 

だまされたと思って、口を閉ざして口ずさんでください♪

 

あれ、日本語が変ですね(笑)。

 

 

口を閉ざして口ずさむ、、つまり、ハミングをしてください、ということです。

 

鼻から息を抜くように「フフフン♪」だけで歌ってみるのです。

 

 

すると、、普段カラオケで歌うときと違って、

 

歌詞の発音も発声時の声量も一切関係のない歌になるはずです。

 

まさに、「フフフン♪」だけの歌の世界。

 

つまり、このときの歌は、音程部分にのみ重点を置いた歌であると言えるのです。

 

したがって、普段の歌唱に比べて、音程をより意識しやすくなるのです。

 

なにせ、発音も声量も関係のない、メロディのみの歌となるわけですからね。

 

 

このハミング歌唱のときに、もしも「あれっ?」と思える箇所があれば、

 

そこは普段のカラオケでも微妙にずれた音程で歌っている可能性が高いところ。

 

その箇所を「フフフン♪」で歌いながら、正しい音程を探っていってください。

 

うまくフィットする音が見つかったら、その音を忘れずに繰り返しハミングです。

 

すると、実際のカラオケで歌い場合においても、

 

あなたが今気がついた正しい音程で歌おうとする意識が身についてくるのです。

 

 

このように、部屋の中でもカンタンにできるハミング練習法で、

 

あなたの練習曲の音程のズレを、より感覚的につかむことができるのです。

カラオケ上達実践バイブル