カラオケ上達実践バイブル

音程をひとつひとつ丁寧に確認するコツ

今日は、カラオケ上達のうえで最も欠かせない要素「音程」についてです。

 

ナツミも実は、歌の音程の甘い部分が若干あって、

 

自分の歌を聴きなおして、「あ〜、ちょっと違うなあ」と反省することはしばしばです。

 

 

カラオケ曲を最初から最後まで通して、音程をぴたっとはめて歌うことのできる方、

 

案外少ないのではないでしょうか?

 

その理由の一つとして、「発音」に惑わされるから、という点が挙げられます。

 

発音を大事にしすぎると、単語のアクセントに音程が引きずられがちになるのです。

 

 

たとえば、、最近、再婚報道で話題の(笑)玉置浩二さんのヒット曲「田園」。

 

 

この曲のBメロの、

 

「何もできないで 誰も救えないで」
「カッコつけてないで やれるもんだけで」

 

これらの歌詞の音、、実はすべて同じ音程なのです。

 

 

なので、

 

「な・に・も・で・き・な・い・で・だ・れ・も・す・く・え・な・い・で」

 

は、どの音も同じ音程で歌うのが正しいということになりますね。

 

 

まずはこの歌詞を、声に出して読んでみてください〜。

 

素直に文を読めば、それなりのイントネーションのある文となると思います。

 

 

このとき、、「できない」「救えない」の「い」の発音、若干力が抜けませんか?

 

 

「『でき』ない」「『救え』ない」、ともに『』の部分にアクセントがあります。

 

そして一般に、アクセントの直後の発音は無意識に力が抜けるものです。

 

なので、力が抜けた分、音の高さがやや落ちてしまう傾向があるのです。

 

 

そういう意味でも、歌うときに、正しい音程をある程度意識しておかないと、

 

「できな『い』」や「救えな『い』」の『い』の音程が外れた歌となってしまいます。

 

 

このような、単語のアクセントに惑わされて正しい音程を見失うケース。

 

今日はそんな「無意識の音程外れ」を克服してみましょう♪

 

 

その方法、とっても簡単。

 

単語の持つアクセントが原因で音程を見失うのであれば、、

 

単語で歌わなければ良いのです。

 

 

たとえば、ハミング(鼻歌)で歌ってみるのです。

 

 

先ほどの「田園」の「何もできないで 誰も救えないで」の部分。

 

歌詞を忘れて、全てが同じ音程だという意識で、「フフフン♪」だけで歌ってみてください。

 

すると、、例の『い』の音の場所、音程が下がったりしませんよね?

 

このように、音程だけに意識していれば、すべて同じ高さの音のハミングになるはずです。

 

 

今度は、歌詞の言葉をしっかり意識しながら、ハミングで歌ってみてください。

 

すると、、不自然に『い』の部分の音が外れたハミングになりませんか?

 

・・・あ、外れない方は、普段もしっかり歌えていると思ってよいでしょうね。

 

逆に、ハミング音が外れたような感覚を持たれた方は、

 

普段の歌唱でも、単語のアクセントに引きずられている可能性がありますね。

 

つまり、音を外して歌っているのかもしれませんよ。。

 

 

このように、歌詞の意味をいったん取り外して、すべてハミングで歌うことで、

 

不自然な音程の外れに気づきやすくなります。

 

気づくことができれば、その部分を集中して「音合わせ」することで、

 

普段以上に音程を意識した歌唱になり、練習に慣れた頃には、

 

その問題部分も無意識に音を合わせて歌えるようになっているはずです。

 

 

・・・これがナツミ流「ハミング音程矯正法」です。

 

 

あなたも一度、あなたの得意曲をハミングだけで歌ってみてください♪

 

そこであなたが不自然に感じた箇所、

 

その部分は、普段のカラオケでも音程が外れている可能性が大きいです。

 

そこは、他の部分以上に音程を合わせることを意識して歌ってみてくださいね。

カラオケ上達実践バイブル