カラオケ上達実践バイブル

カラオケで力を抜いて歌うには・・・

カラオケを上手に歌うポイントとしてよく挙げられるものに、

 

音程や声量・声圧といったものがあります。

 

 

音程は、正しい音階をしっかりキープして発声する必要があり、

 

声量・声圧は、息をたっぷり無駄なく吐き出すように発声する必要があります。

 

 

この二つのポイントをしっかり押さえることができれば、

 

カラオケでの歌唱は飛躍的に安定していきます。

 

 

しかしながら、音程感や声量に自信のない方の場合、

 

ここで共通して見られる「ある欠点」があるのです。

 

 

それは「力の入りすぎ」。

 

音程をしっかり意識して歌おう、息が長く続くように意識して声を出そう、

 

こういった想いが強すぎる結果、体がガチガチに硬くなってしまう例があるのです。

 

 

で、その状態でカラオケで歌っていると、

 

上半身、特に喉、をぎゅっと締め付けたような発声になってしまい、

 

結果として息も続かなくなり、音程もふらふらしてしまいます。。

 

 

つまり、「力の入れ過ぎ」はカラオケの大敵なのです。

 

 

とは言え、、多くの方が、力を入れたくてそうしているわけではないはずっ。

 

あくまで、「無意識に」力が入ってしまっている、そこが問題なのです。。

 

 

ではでは、その問題を解決するコツをいくつか紹介しましょう。

 

 

まず、歌っていて力が入ってしまう理由のひとつが、「マイク」の存在。

 

歌う際についついマイクを握る力が強くなってしまった経験はありませんか?

 

・・・ナツミも過去はよく、右手が真っ赤になったり、

 

手のひらの指の付け根に「マイクダコ」ができたりしたものです(笑)。

 

 

マイクを強く握ってしまうと、腕や上半身、喉や口元まで筋肉が緊張してしまいます。

 

なので、ここではマイクを軽く握って持つことを意識してみてください。

 

 

マイクのやや下のほうを持ち、「握る」のではなく、5本の指先で「摘む」ような感覚。

 

すると、マイクのボディ部分と手のひらの間にスキマができるので、

 

結果として、マイクをぎゅっと握り締めすぎることを回避する効果があります。

 

 

他にも、マイクを都度、それぞれの手で持ち替えて歌うというテクニックもあります。

 

最近のナツミの例ですが、Aメロは利き手の右手、サビは利き手ではない左手、

 

というようにマイクを持ち替えて歌う練習をしています。

 

この方法も、ちょうど持ち替えるタイミングで腕の力が抜けますので、

 

いつもつい無意識に力が入ってしまう・・・、という方にはオススメです。

 

 

・・・もっとも利き手ではない腕でマイクを持つ場合、注意して歌わないと、

 

ついマイクが口元から離れやすくなりますので、気をつけてくださいね〜。

 

 

他には、立って歌うときの姿勢として、重心を下げて歌うのも効果的です。

 

両膝をやや「かく〜ん」とした状態で立ち、腰を若干前に折るような姿勢で歌うと、

 

普段立っている時よりも重心が下のほうにいく分、

 

上半身に力が入りにくくなります。

 

また、この姿勢の時、ちょうど重心がお腹付近となることから、

 

お腹を意識した発声が比較的しやすくなるというメリットもあります。

 

 

このように、マイクの持ち方や歌う姿勢を工夫することで、

 

歌に不必要な力を抜いて、スムーズにカラオケを歌えるようにしてみてくださいね。

カラオケ上達実践バイブル