カラオケ上達実践バイブル

忘年会カラオケでこれだけは気をつけて

いよいよ12月、忘年会シーズンですよね。

 

忘年会から、その後の二次会でカラオケ・・・という流れは、いまや定番ですよね。

 

そこで今回は、忘年会カラオケでうっかり陥りやすいあるワナについてお話しします。

 

 

このメルマガの読者さんであれば、もちろん「カラオケが好き」な方だと思います。

 

なのでカラオケには、普段から十分に行き慣れているはずですよね?

 

 

さてさて、忘年会の二次会で行くようなカラオケの場合、

 

あなたが普段行くようなカラオケとは、少し雰囲気は違っていると感じるはずです。

 

 

その理由は、「普段カラオケに行かないようなメンバーも一緒だということ」。

 

つまり、カラオケにあまり馴染みのない他の人たちを配慮する必要があるのです。

 

 

逆に言うと、カラオケ仲間同士で普段行くときのようなノリを見せてしまうと、

 

あなたのカラオケアクションに、周りは「ひいて」しまうかもしれません。。

 

 

たとえば選曲。

 

あまり知られていない曲や偏ったジャンルの曲は避けた方が良いでしょう。

 

 

会社の上司や若い女子社員のいる場でアニソン女性曲をノリノリで歌う男性。

 

・・・ちょっと怖いですよね(笑)。

 

 

また、カラオケが苦手な人に無理やり歌わせるのもご法度です。

 

お酒の勢いを借りて、「みんな歌っているんだから歌えよ〜」のようなノリで迫ると、

 

下手をすると場を険悪に雰囲気にしかねないので、やめておきましょうね。

 

 

そしてそして。

 

カラオケが比較的「得意な」方が、忘年会カラオケの場でつい陥りやすいワナ。

 

それは、自分の「歌の上手さ」を周りにアピールしようとし過ぎること。

 

これ、、実は、歌っている本人が思っているほど周りには伝わらないものなのです。。

 

 

周りに伝わるのは、「この人、歌に自信を持っているんだな〜」という感想くらい。

 

つまり、「歌そのもの」ではなく「歌っているあなたのキャラ」を評価されてしまうのです。

 

 

カラオケで歌うときに、「歌が上手だと思わせたい!」という想いで歌っていると、

 

歌全体が、聴き手に対して押し付けがましい印象になってしまいます。

 

なぜなら、「上手に歌おう」とすればするほど、歌に没頭しすぎるあまり、

 

周りが見えなくなってしまうからです。

 

結果、聴き手は、歌そのものを素直に聴き入ることができなくなるのです。。

 

 

ではでは、どうすれば?

 

 

周りのメンバーが、普段カラオケに馴染みのない人たちであれば、

 

あなたは、特に意識して「上手に歌おう」とする必要はありません。

 

なぜなら、普段からカラオケに行っているみなさまであれば、歌い慣れている分、

 

普通にさらっと歌っても、カラオケに慣れない人から聴けば、十分上手に聴こえるもの。

 

 

なので、ことさら「上手さ」を押し付けて歌う必要はないのです。

 

したがってここは、素直に淡々と、さらっと歌うのがベストです。

 

それだけでも、十分に「上手」に聴こえます。

 

 

さらっと自然体で歌い、それでいて歌が上手。

 

こういった姿を周りに見せることができれば、

 

忘年会カラオケでのあなたの好感度もきっとアップするはずです。

 

 

いかがでしょう?

 

忘年会カラオケでは、「歌い上げるのではなく、自然体でさらっと歌う」。

 

この意識で、周りとのカラオケ空間を楽しんでみてくださいね。

カラオケ上達実践バイブル