カラオケ上達実践バイブル

未来のカラオケ〜あと何が欲しい??

最近は便利な時代になったもので、

 

カラオケボックスで歌うだけで、歌の録音もできて歌唱シーンの撮影もできます。

 

しかも、自分の歌声や歌唱シーンを、インターネット上に公開もできます。

 

 

第一興商さんのDAMシリーズの「DAM☆とも」、

 

エクシングさんのJOYSOUNDシリーズの「うたスキ」、UGAシリーズの「うたブロ」、

 

といったコンテンツが、それを実現してくれます。

 

 

そう、まるで自分が歌手になったかのように、歌唱映像をネット公開できる。。

 

 

昔はナツミ、カラオケボックスにレコーダーと配線ケーブルを持ち込んで、

 

カラオケ機械の裏にケーブルを指して録音したりしていたのです。

 

(お店の人、ごめんなさい・・・。でも、帰る時には元通りにしましたよっ)。

 

それに比べれば、便利な時代になったものです。

 

 

ところで、ふと思ったのですが、

 

カラオケって、この先、どんなふうに進化していくのでしょうか?

 

 

古くは、飲み屋街の「流し」のギター演奏を録音したところから始まったカラオケ。

 

その後、カラオケボックスの普及で若者層を取り込み、

 

通信カラオケの技術による爆発的な曲数増加でカラオケは一大文化に発展し、

 

そして2000年代のブロードバンド時代による、カラオケとネットワークの融合。

 

 

オンライン採点ゲームブームを経て、そして歌唱動画のネット公開まで。。

 

・・・もう十分に、カラオケコンテンツ、進化し尽くした気がしたのです。

 

 

ではでは、これから先、どんな想像を超えたサービスが展開されるのか?

 

 

実は、ここでナツミ、考えが行き詰まっちゃいました。

 

ナツミとしては録音・公開ができた時点で十分に満足してますもので。。

 

 

とまあ、ここで話が終わっては面白くないですね。

 

なので、ナツミ、カラオケ通の知人たちに聞いてみました。

 

 

「未来のカラオケ、何が欲しい?」

 

 

特に面白かった二つのアイデアを紹介します♪

 

 

-------------------------------------------------------------------

 

 ●アイデア1「DAMでもドア」

 

 一言でいうと、遠隔地のカラオケボックス間を結ぶリアルタイムコラボ。

 

 ・・・タイトルは「どこでもドア」のパクリです(笑)。

 

 

 カラオケボックスで、(DAMならば)デンモクでコラボ可能ユーザーを全国検索。

 

 そして、コラボしたい相手(友達など)にコラボリクエストメッセージを送ります。

 

 相手からOKをもらうと、 モニタ上に相手のカラオケルーム映像がぱっと映ります。

 

 そして、選曲後、歌が始まると、お互いにモニタ上の相手を見ながら歌います。

 

 (モニタの背景映像は相手のお部屋の映像で、歌詞は普段どおり出ます)。

 

 

 お互いの歌声は、お互いの部屋のスピーカーから聴こえてくる仕組みにすれば、

 

 まるで遠隔地の相手と近くで一緒に歌っている感を覚えます。

 

 もちろん、その場でのリアル録音もOK。

 

-------------------------------------------------------------------

 

 ●アイデア2「あなたも今日から初音ミク」

 

 ユーザー自身の「声」をモトに、自動でカラオケ歌唱音源を生成するサービス。

 

 「初音ミク」とは、DTM「ボーカロイド」シリーズの代表的キャラです。

 

 

 自分の「声」をカラオケ機械に登録して、ターゲット曲をセレクトします。

 

 すると、その「声」をモトに、カラオケ楽曲の歌詞とガイドメロディに合わせて、

 

 「ボーカロイド」技術の仕組みを使って、その楽曲の歌声を作り上げます。

 

 出来上がった歌声を聴いて、あなたの声質とその歌とのマッチングを見極めるもよし、

 

 正しい音程を覚えるための練習音源として聴くもよし、です。

 

 

 特に音痴(?)な方にとっては、

 

 音程を合わせて歌えている自分の歌声音源は、新鮮かつ貴重なものになるのでは?

 

-------------------------------------------------------------------

 

 

・・・最初に聞いた時には、二つとも笑ってしまったのですが、

 

よくよく考えると、面白いし需要もありそうだし、そして技術的に可能な気もします。

 

 

いかがでしょう?

 

さて、「カラオケ上達実践バイブル」をお読みの読者さんの中にも、

 

何かしらステキな「未来のカラオケコンテンツ」アイデア、ございませんでしょうか?

 

ステキなアイデアをいただけましたら、カラオケ評論家・唯野奈津実が代表して、

 

第一興商さんやエクシングさんへ「売り込み」に行くかも。。

 

あなたのアイデアが本当にカラオケコンテンツとなるチャンスかも??

カラオケ上達実践バイブル