カラオケ上達実践バイブル

未来のカラオケ〜アイデア紹介

さて、先週のメルマガで「未来のカラオケ」ということで、

 

こんなコンテンツがあればいいな〜というアイデアをお話したと思います。

 

今回は、未来のカラオケについて読者さんからいただいたお便りを紹介いたします。

 

 

--------------------------------------------------------------------

 

高い点数あまり出せない自分としては、
歌った歌を採点するときに点数等だけでなく
「ここをこうした方がいい」とか、
歌った歌について指南(ダメ出し?)してくれる機能があったらな、
と思います。

 

10代男性

 

--------------------------------------------------------------------

 

カラオケ音源を持ち込んで歌いたいです。
iPodとかMP3とかの接続端子を用意していただいて、
カラオケ対応してない曲も歌いたい!

 

10代女性

 

--------------------------------------------------------------------

 

自分のアバターが歌った曲や点数に応じて成長していく

 

20〜30代男性

 

--------------------------------------------------------------------

 

エフェクト機能で通常エコーで強さを調節していますが、
リバーブ機能を搭載してほしいと思います。

 

40〜50代男性

 

--------------------------------------------------------------------

 

やはり遠くの人とリアルタイムで
一緒に歌えるようになれれば良いなぁと思います!

 

10代女性

 

--------------------------------------------------------------------

 

あなたの上手なところを的確に言う。
こんなとこ苦手みたいだから、練習して、みたいな感じで。

 

20〜30代女性

 

--------------------------------------------------------------------

 

リアルな背景が自分の後ろに表示されて、
あたかも自分が大勢の観客を前にライブをしているかのような雰囲気を出す機能。

 

10代男性

 

--------------------------------------------------------------------

 

シングルCDにはINSTRUMENTALという
ボーカル抜きの伴奏が入っていますがあれで
カラオケの音響でうたえたら最高ですね。
カラオケの伴奏は原曲と比べるとどうしても簡単にできている
印象がぬぐえません。
プロのミュージシャンが凝りにこってつくったサウンドにはどうしても
勝てませんよね。
ぜひとも売り込みをお願いします。

 

--------------------------------------------------------------------

 

リモコン。便利になったとは思うけれど、
I padみたいにページをめくれるようにして、
動画で歌い出しとかサビが見れたら、もっとレパートリーが増えると思いませんか?

 

--------------------------------------------------------------------

 

 

といった感じで、他にもいろいろお便りをいただきました♪

 

たくさんのおたより、ありがとうございました。

 

 

ナツミとしての夢は、、「本物音源カラオケ」ですね。

 

アーティストCDと全く同じ伴奏で歌えるカラオケ。

 

 

シングルCDにはよく、カラオケバージョンの曲が一緒に入っていることがありますが、

 

カラオケでもあの伴奏で歌えたら歌い心地は最高だろうな〜と思います。

 

実際、ナツミはカラオケ大会では、いつも本物CDを持参して、

 

そのCDのカラオケバージョンを流して歌っているくらいです。

 

 

もっとも、シングルCDにカラオケバージョンが入っていない場合、

 

一般レベルでは、同じ伴奏のメロディは入手困難なわけです。。

 

そこで、カラオケボックスでも、「レコード会社提供」音源があると、

 

よりプロを意識したカラオケを楽しめる気がします。

 

レコード会社さんとカラオケメーカーが手を組んでくれると嬉しいですね。

 

 

さてさて、この先カラオケはどうなるのか・・・?

 

DAM☆ともやうたスキなど、カラオケはすでにコミュニティーコンテンツとして

 

成り立っている分野かと思います。

 

そしてさらに、カラオケを利用したコミュニケーションがさらに深まる「何か」。

 

ひょっとすると、そんなとんでもない「何か」が水面下で企画されているの、かも??

 

その「何か」を楽しみに、みなさまもますますカラオケを楽しんでいきましょうね。

カラオケ上達実践バイブル