カラオケ上達実践バイブル

歌えないときのためのカラオケ練習法

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

 

ナツミはというと、残念なことにカゼで1週間ほど寝込んでいまして・・・。

 

今日になってようやく、外出ができるようになりましたが、

 

まだまだ、喉も鼻も本調子ではありません。

 

なので、カラオケなんてとんでもないっっ、状態なのです。。

 

普段、1週間に最低2回は歌いに行くナツミとしてはさすがに辛い日々。

 

 

というわけで今回は、歌いに行けない状態のナツミがこの1週間実践した

 

歌わなくてもできるカラオケ上達法をお届けします。

 

つまり、自分で歌うだけが何もカラオケの練習ではない、ということです。

 

 

そのココロはと言いますと、子どもの頃の体育の時間を思い出してください。

 

体調が悪い時、「見学」をしませんでしたか?

 

まさに、体育の「見学」と同様に、人のカラオケを「見学」してみるのです。

 

 

もっとも、読者のみなさまは普段カラオケ仲間さんと一緒に歌いに行く時、

 

自分の番じゃないときは、歌っている人の歌をじっくり聴いていますよね?

 

・・・まさか自分以外の人の歌には興味がない、って方はいませんよね?(笑)

 

「カラオケ上達100の裏ワザ」にも書きましたが、

 

人の歌をしっかり聴くのもマナーですし、

 

何よりも歌を客観的に聴くことで、「聴く耳を養う」ことにも繋がるのです。

 

 

話を戻しますが、仲間のカラオケをじっくり聴くという「見学」ですが、

 

冒頭で書いたとおり、ナツミは1週間外出不能だったのでそれすらできませんでした。

 

ではでは、そんなときにナツミが実践した「カラオケ見学上達法」とは・・・?

 

 

カラオケ公開サイトを見るのです。

 

ここ数年、個人のカラオケをインターネット上で公開するサービスが増えてきました。

 

ナツミは、こうしたカラオケ公開サイトを日々眺めていたのです。

 

さてさて、ご存知のない読者さんもいるかと思いますので、紹介いたします♪

 

 

●うたスキ動画(JOYSOUND)
http://joysound.com/ex/utasuki/movie/

 

●うたブロ(UGA)
http://utauga.jp/utablog/top.php

 

●DAM★とも(DAM)
http://www.clubdam.com/app/damtomo/index.do?type=damtomo&source=index

 

 

上記3サイトとも、それぞれのカラオケ機種提供のカラオケ公開サービスです。

 

特に、うたスキ動画とうたブロは、カラオケ歌唱のみならず、

 

歌っているその人の歌い姿までも、パソコンで鑑賞することができます。

 

 

こういったサイトでは、いろいろなカラオケファンの方が自分のカラオケを公開しています。

 

なので、家にいながらでもパソコン上で人のカラオケを聴くことができるのです。

 

これが、ナツミのようなカゼひきさんにはぴったりのカラオケ練習法♪

 

 

鑑賞する時のポイントですが、自分の得意曲を歌っている人を探してください。

 

どのサイトも、曲名か歌手名で公開カラオケを検索できるので見つかるはず。

 

そして、できるだけ客観的な視点になって聴くのです。

 

自分の歌とその人の歌との違いを。

 

その人の良い点や悪い点、また自分の歌唱に足りない点を、

 

その人の歌を聴きながらじっくり見極めていってください。

 

 

特に注目すべきポイントは、「言葉を切る場所」と「語尾の伸ばしの有無」。

 

つまり、ブレス前や歌い終わりの部分が、自分とどう違うかをぜひ見てください。

 

これらの部分というのは、自分ではクセになって気づかないことが多く、

 

「ここで切ればいいんだ」「ここはこれだけ伸ばせばいいんだ」といった

 

ある種の「思い込み」に陥りやすい部分でもあるのです。

 

そこで、人の歌を聴くことで、その人が自分と違った歌い方かどうかを確かめ、

 

そして、その歌い方に少しでも「いいな」と思える部分があれば、

 

それを自分のカラオケにも取り入れてみるのです。

 

自分と違っていれば次回は自分もそのように歌ってみる。

 

すると、思いのほか歌いやすかったりすること、結構あるものですよ。

 

 

いかがでしょう?

 

ぜひぜひ、自分のカラオケを客観視するという意味においても、

 

これらのカラオケ公開サイトで、ほかの人の歌をじっくり研究してみてくださいね。

カラオケ上達実践バイブル